読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Cavern Club

愛するクラブはLiverpool FC! 愛するスタジアムはAnfield。 愛する四字熟語はYNWA

Champions Leage Final 〜MSNとかいう大三元〜 東1局

いやー、欧州14-15シーズンも終わりました。

振り返ると、1年間で色んな出来事がありましたね

リバプール関連ではロブレンの第二子誕生とかね!!

(抑えきれないのは相手FWだけではなく、自身の性欲もそうだったか・・・)

 

 

さて、今日は人類の晴れ舞台ことCLの決勝についてキーボードをポチポチしようと思います。海外厨としては見逃せないイベントですのでね。

ただ、僕にマッチレビューなんていう高尚なものは書けないので、今回はメッシ、スアレスネイマールの通称「MSN」という3トップにクローズアップしていきます。

 

 

最初はMことメッシから。

メッシのドリブルが凄い!!!そんなこと今や小学生でも知っている訳ですが、ことCL決勝に関してもドリブルは凄かった。しかしソレ以外も異次元だったなぁと。

言わずもがなサイドチェンジですよね。

 

 

これは一本目のサイドチェンジです。

右から左に攻めるバルセロナ

f:id:jariise-0618:20150628093800p:plain

メッシのドリブルに対応するために、ユベントスはコンパクトな陣形で対応しているのですが

 

 

f:id:jariise-0618:20150628093842p:plain

メッシはパスを受けてから、1秒以内にこのサイドチェンジを繰り出してきます。

逆サイドの奥深くまで見渡せる視野の広さ、自然なドリブルの流れからほぼノーモーションでこれを蹴れる技術、判断力、パスそのものの精度、スピード。

本当に異次元の選手です。サイドチェンジの名手達と比較しても明らかに異質。

 

 

 

こちらが2本目のサイドチェンジです。

f:id:jariise-0618:20150626004407p:plain

守備ブロック全体を左に寄せる+左SBの握手できないマン(エブラ)を高い位置に上げて、メッシのドリブルを警戒するユベントス

 

 

f:id:jariise-0618:20150628102742p:plain

しかし、このサイドチェンジ。

しかも2本目は受け手がネイマール。そしてエリア内で待ち受けるのはスアレス

守備のスライドも間に合わない危機的状況。(ユベントスネイマールの中央への折り返しをリヒトシュタイナーのハンドでどうにか切り抜けるという荒技を披露www)

 

メッシのドリブルなんて2人がかりでも捕まえきれないので、守備ブロック全体を密集+スライドさせないとどうしようもないんです。当たり前の話ですが、どこかを集中的に守る為には、どこかを捨てるしかないんです。

ユベントスが捨てたそのスペースにぶち込んでくる縦幅35メートル×横幅60メートルの超正確高速サイドチェンジ砲をどうやって止めればいいんでしょうか・・・

f:id:jariise-0618:20150628131959j:plain

 

散々サイドチェンジを意識させといて、この後に平然とした表情でドリブルを仕掛けるメッシの鬼畜っぷりには泥酔状態で試合を見ていた僕もさすがにドン引きです。

 

 

 

あと特筆すべきはメッシのシャビ化ですよね。

f:id:jariise-0618:20150628110613p:plain

右WGのメッシが中に絞って、右WGのスペースはラキティッチ(アウベス)が埋めて中央でシャビ御大ばりの縦パスをメッシが打ち込むという図。

もうね、あなた様の本職はどこなんだと。天から何物も享受しすぎだろうと。ヘンダー◯ンやラム◯ー、◯ディラよりも良質な縦パスを出してるじゃねえかと。

 

かつて0トップシステムの王様としてシャビ、イニエスタブスケツに振るわれ、世界最強の刀として君臨したメッシが、今ではネイマールスアレスという刀を振るう剣豪に進化!!なんて誰にも予想できないですよ。

進化論の父、ダーウィンも二度見するレベル。

まぁでも、冷静に考えたらメッシもバルサの下部組織出身なんですよね。それを含めて考えたらなんとか合点が行く・・・のかなあ?

選手として最後のポジションは中盤の底で高精度のロングフィードをバシバシ飛ばすのかな?

 

 

 

最後にバルセロナの1点目の話を少し。

(あくまで!!!結果論の話をします。)

 

f:id:jariise-0618:20150628115407p:plain

これ、メッシのサイドチェンジを受けてから、CBがネイマールに釣り出されて、黄色丸がぽっかり開いてる画像なんですけども。

何度、検証に検証を重ねても、イニエスタが黄色丸に走り込む段階で止めるしかユベントスは失点を防ぐ手段が無いと思うんですよね。

メッシのサイドチェンジは防げない。ネイマールにCBが釣り出されるのも防げない。イニエスタラキティッチのパスも防げない。

ラキティッチのシュート自体も防げない。

だとしたら論点は「誰がイニエスタを止めるべきだったのか」です。 

 

 

f:id:jariise-0618:20150628114106p:plain

(見事なまでにピルロの両脇が狙われてるwwwwwwww)

 

まず絶対にやらせていけないプレーはネイマールのカットインシュートです。

CBと連動してネイマールのカットインを防いでいる+背後から走り込んでくるイニエスタは死角=マルキージオはどうしようもないです。

無罪です。

でもイケメンなのでやっぱり有罪です。僕と顔を交換すべきです。

 

ビダルビダルで、2トップと連動してCBやブスケッツに前から激しくプレッシャーをかけ続けていました。

広い可動範囲でのハードワークを課す事が義務づけられている彼に対して、イニエスタに走り負けた責任は大きい!お前のせいで黄色丸を使われて失点したんだ!!

っていうのも僕はちょっと違うんじゃないかな?という思いです。

 

 

じゃあ誰が悪いのか?ってなるんですが、ぶっちゃけた話

ピルロが8割くらい悪いんじゃないのかなと思います(笑)

ピルロが黄色丸を埋めずに、メッシをケアし続けた事が良くなかったと思います。

 

黄色丸を空けたままにしておくのが危険な事くらいピルロは認識していた。

ちなみに時間はまだ前半の3分。ピルロに黄色丸を埋める体力は十分にあったはず。

ここでのピルロはメッシをケアしていました。それは事前に首を振って確認しています。判断力という視点から見て、黄丸を埋める選択肢も当然あったはずです。

更に、スピードに乗ったイニエスタ相手に、ピルロが寄せたところで攻撃を終了させられるか?と言ったら、そんな可能性なんて皆無に等しい訳じゃないですか?

だからイニエスタへボールが渡る段階で潰すべきなんです。

 

 

f:id:jariise-0618:20150628114202p:plain

ピルロが黄色丸を埋めて、ポグバなりエブラなりがピルロの位置にスライド。

もしくはテベスやモラタのプレスバック(ポグバも手でメッシを指してますね)でメッシの対応が出来れば防げたのかな?どうかな?

 

という感じですが、これを試合中に判断しろって事自体が不可能ですよね。

結論:サイドチェンジ一発でこの状況を作り出したメッシが最強

って言う事でここは一つ。

 

 

 

あ、長くなりすぎたのでスアレスネイマールは次回に(笑)